景気浮揚を

日本銀行のニュースが流れる日、多いと思います。
ですがどうも日本銀行総裁を誰にするか、と言う人事の方がニュースになりやすいのか、テレビではどうもそちらのニュースばかりが報じられるようです。
ですがこの日本銀行、大事な仕事を担っているのです。
ただお札を刷っているだけでは、ないのです。
この日本銀行の役目として、日本経済が潤滑に行くようにして、経済の混乱を起こさないことを心がけ、物価安定に寄与する役目をしているのです。
ですから日本の景気が悪い時などは、金融緩和策を行い、景気回復を率先して進める役割をするのです。
それが今の白川総裁時代には、慎重すぎた政策でもあったことから景気回復が
遅れたとも言われるのでした。
それが政権交代により、資金の供給を多くする表明があっただけでも効果が出たのです。
金融緩和の方法として、資金の供給を増やし、金融機関の金利を引き下げるなどをすることが挙げられるのです。
このことで銀行が企業などへの資金提供もしやすくなる言うことです。