まだまだ続くと市場に思わせるのが肝心です

金融緩和というと、日本は実質ゼロ金利政策を続けているということで分かるように貸し出すお金の利子を下げることが緩和になります。
もう一つの緩和はいくらでもお金を貸しますよという量的金融緩和です。
貸し出せる枠を増やしてあげる、具体的には準備預金制度で銀行が手元に置いておかないといけない金額よりも大幅に銀行にお金を供給してあげることです。
これで銀行がお金を民間に貸出やすくしてあげます。
実は上記の方法はずっと前からとっているのですが、返済に問題のないしっかりした会社はお金を借りる必要がないし、お金が借りたくてたまらない会社に貸すと貸し倒れになりそうってことで市場にお金が出て行かないのです。
最近は、この大幅緩和がまだまだ続きますよってアナウンスする時間軸に着目する緩和ってやっています。
いつ引き締めに遭うかわからないのでは怖くて借りられないって警戒している市場に安心感を与えるものです。
安倍ノミクスの言っている大胆な金融緩和ですが、あぶれたお金はリアルな経済を刺激するよりも株式市場などの市場に回って円安、株高になっているのが実情です。