景気対策には、金融と規制の緩めが必要。

アベノミクスによるデフレ脱却のための施策として、大胆な金融緩和策が提案されました。
実際、デフレにより企業、庶民ともに不景気でキュウキュウ状態であり、この緩和策は大いに歓迎できます。
しかし、緩和とは一体何をするのか?分かりませんよね?
このような疑問を解決するためには、そもそも金融とはなんのかを知ってもらう必要があると思います。
語源を調べてみると、次のとおりありました。
「お金を融通すること」。
では、「融通」とは何か気になります。
調べてみますと、
「融通」とは、「貸すこと」らしいです。
つまり、お金を貸しやすい環境を作ることが緩和となります。
具体的には、貸出利率を引き下げたり、市場に資金を大量に流通させたりすることです。
ただ、景気の先行きが明るくないと設備投資や新規事業のために、借入をしたりしません。
緩和策と同時に、経済成長のできる施策も必要です。
そのためにも、将来の成長分野を見定め、大胆な規制緩和策も必要になると思います。
景気不要では金融だけでなく規制の緩和も必要と思います。