金融緩和されることによって起こること

中央銀行が貸付にかかる金利を下げ、銀行などの金融機関が簡単にお金を借りられるようにすることを金融緩和政策といいます。
このことによって、金融機関が多くのお金を持てるようになり、企業や一般の人々もお金を低金利でたくさん借りられるようになります。
企業や一般の人がお金を借り易くなれば、お金をたくさん持ちやすくなるので、消費が増えて、景気が良くなるという側面があります。
これを期待して、政府は良く金融緩和政策をとっています。
ただ、これは貸付が増えるというだけで、景気が回復するわけではないので、不景気の状況だと、いくら金利が安くてもたくさん借金をしようという人は少なく、あまり景気回復に繋がらないこともあります。
この状態が長期間続くと、市場に出回る通貨の量が増えてしまうので、通貨の価値が下がるという側面もあります。
これにより、他の通貨との為替レートは落ち、物に対する価値も下がるので、インフレを起こす原因にもなっています。