今回の金融緩和の内容とは?

ちょうど民主党政権の頃、よく「金融緩和をしろ」という声がありませんでしたか?
これは金融対策のひとつと言われるもので、政策金利を引き下げたりして、日本国内にお金が動くようにするものです。
いわゆる景気刺激対策なんですね。
政策金利を下げると企業がお金を借りやすくなるので、景気対策に有効な方法なのです。
自民党政権に変わった時、安倍総裁が金融緩和を実施すると発言しました。
今回期待されている緩和は、日銀による国債の買取です。
日本国内の銀行が保有している日本国債を、日銀が買い取るというものですね。
これを実施することによって、銀行の持っているお金が増えることになります。
そうすれば、中小企業への融資が増えたり、預金の金利を上げたりするだろう、ということですね。
日銀が買い上げた国債で供給されたお金が、巡り巡って国内の景気を回復させると考えているのです。
この流れが成功すれば、日本はデフレ脱却が実現すると言われています。