新しい日銀総裁のもとで始まる

つい先日に新しい日銀の総裁も決まってこれから日本の金融緩和が実行されていくことになりそうです。
既に為替市場や株式市場ではこの金融緩和期待で大きく動いていますが、まだ実際には何もうごいていません。
これからいろいろなことが決まって、それが実行されて初めて経済はよくなっていきます。
今は株式市場などは期待感で大きく上昇し、為替市場では円安が進行していますが、これが実際の緩和が期待したレベルでなかったりすると、期待は失望とかわってたちまち反対方向に市場は動いてしまう可能性もあります。
これからの政策の実態に注目がうつっているといえます。
ただ、既に為替が大きく円安に動いたことでおおくの企業が業績を上昇修正したりするなど既にある程度の効果はでてきているともいえます。
円安というのは輸出産業を主軸とする日本企業にとっては大きな効果があることはわかっていたのですが、前政権は歴史的な円高となってもその対策を怠ってきたといえるでしょう。
そのことは今の政権ができただけでこれだけ円安になったことでもわかります。